5月 19
誰でも起こりうるマシントラブル
icon1 douglasdavis.net | icon2 修理 | icon4 05 19th, 2014|
パソコンを触る人

パソコンは今や職場だけでなく家庭や学校にも広く普及し、多くの人が利用する身近な家電の一つとなりました。

多くの人がパソコンを利用する上で避けて通ることが出来ないのがマシントラブルです。普通に使っている人だけでなくパソコンの知識がある人でも、さまざまなマシントラブルに見舞われることもありますし対処しきれない場合もあります。そんなときに利用するのがメーカーや専門店でのパソコン修理です。この際に気をつけなければいけないことがあります。

大切なデータはバックアップを。
パソコン修理を利用する場合に、最も注意しなくてはいけないのがハードディスクに保存しているデータです。

パソコンの故障部位によっては、パソコンに保存されているデータが全て消えてしまう場合があります。ですから、日頃から大切なデータはパソコンの中だけでなく、例えばDVDメディアや外付けハードディスクなどに保存しておかなくてはいけません。文書ファイルや年賀状のデータ、家族写真や旅行の写真など大切なデータはバックアップを必ずとっておきましょう。

大切な情報を守る。
また、修理に出す際は外部に流出してはいけない個人情報や会社の書類などのファイルを消しておくことも忘れてはいけません。万が一流失してしまった場合に困るようなデータなどが保存されている場合はメディアなどにバックアップをとっておくか、消しておく方が無難でしょう。

インターネットなどを利用しショッピングする際にカード情報などを入れている人はそちらも必ず消去しておくようにしましょう。
万が一に備えて、キャッシュを残さないように設定するのもオススメです。

5月 19
いつかは必ず壊れる
icon1 douglasdavis.net | icon2 修理 | icon4 05 19th, 2014|
古いパソコン

私達が普段から活用してる個人用コンピュータパソコンは私達は命令すれば何でもやってくれる便利な機器です。インターネットや仕事に使ったり時にテレビを見たりゲームをしたり、他人とのコミュニュケーションを取れるツールにもなります。

しかし、パソコンは電気製品であり寿命もあります。必ずいつかは壊れます。5年もつ人もいれば10年目で故障する人もいます。買い替える方法もありますが、各種パーツの交換で寿命を伸ばせる場合もあります。

ハードディスクの交換
パソコンの一番壊れやすいパーツはハートディスクと言っても良いくらいです。
パソコンのパーツの中でデータを保存したり出し入れする最も需要なパーツです。

CPUも人間で言えば脳に値する重要なパーツなのですが、CPUは殆ど故障する事はありませんパソコンが起動しなくなる殆どの原因がハードディスクです。しかしハードディスクが故障してもパソコンの寿命ではありません自分でも交換出来るパーツなのです。メーカ製のパソコンは自分で交換すると保証が受けられなくなる場合があるので注意が必要です。

データ
自分でハードディスクを交換するにしてもショップで交換するにしても、自分が今迄保存してきたデータは消えてしまします。この様な自体を避ける為の手段は、普段からバックアップを取る事です。

バックアップ方法は外付けHDDやポータブルHDDにブルーレイディスクや外付けSSD等を利用して、普段から重要なデータの保存しておけば慌てる必要はありません壊れたハードディスクの交換をしてデータを戻すだけです。パソコン修理でパーツ交換する際に快適なSSDを選択する事も出来ます。